化粧崩れして汚い...どんなファンデーションを使えば良い?

一様にこのファンデーションがいいということはいえません。
なぜなら、肌質は人によって違ってくるからです。

化粧崩れの原因として、肌質にあっていないファンデーションを使っていることが考えられます。

ファンデーションは、大きく分けて2種類。
パウダータイプとリキッドタイプです。
大原則として、
・パウダータイプ:カバー力が劣るものの肌ダメージは少なく、油分も吸収してくれるため、オイリー肌に適している。
・リキッドタイプ:カバー力が高いため肌ダメージが大きい、油分が多く含まれているため、乾燥肌に適している。
といった特徴があります。
自分の肌に合わせたタイプのファンデーションを使っているかを確かめてください。

カウンターで肌診断をしてもらうと、自分の肌質が理解できるのでオススメです。
カウンターだと判断された肌質を元に適切なファンデーション(トライアルセット)と化粧崩れの原因を説明してくれますからね。

一番やってはいけないことは、隠そうとして厚塗りをすることです。
厚塗りをすると、肌荒れがひどくなって、さらに厚塗りへと悪循環につながりますからね。

火傷やニキビ跡などが原因の場合、一度皮膚科へ相談されることもオススメします。
肌トラブルがあった場合、化粧のりがよくないですからね。
まずは、肌質を改善することが大切です。

スキンケア方法も一から見直してみてください。
洗顔→化粧水→乳液 という過程で保湿力のある化粧水を使用したりしてみるだけで変わることもあります。

部分的に気になる部分は、ファンデで隠すのではなくコンシーラーで隠すようにすると厚塗りも防止できます。
仕上げに、ルースパウダーで軽くまぶすと化粧崩れを防止できますよ。